没頭のススメ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

私の周りにいる何か没頭できるものを
見つけている人は揃って
その瞬間がとても幸せに感じると話す。
そして、先生が指導しなくても
次々と自ら学ぶための物や環境を
揃えたり、自ら次の目標を決めて
トライしている。

そこには損得勘定は無くただ時間を
忘れて没頭している姿がある。

鬱状態の人すらも没頭するものが
見つかるとその状態から離れることが
できるという。
そして、没頭している人の
進歩は驚くほど速い。

没頭する姿には努力や目標などという
頑張るという感覚は全く存在しない。

今の時代、忙しさに追われて
時間もなく没頭するものがない人が
多い。

しかし、損得勘定無しにあなたが
没頭することができる事を
見つけることはあなたの
本当にやりたいことに繋がるものに
他ならない。

やりたい事をついつい社会的な
地位、名誉、財産を得るものと
繋げようとして、一時的な高揚感に
浸り錯覚することは多い。

しかし、一度全ての社会的な
利益と離れて、
「それでもやりたいことはないか?」
と自分に問いかけて欲しい。

もしなければ出会うもの、
進められるものにとりあえず
手をつける事をオススメしたい。
この没頭するという時間こそがあなたに
とって人生の中で代え難い幸せな時間を
与えてくれているからだ。

没頭は瞑想や座禅のような境地と
似たものを作り出す。
その姿には美しさを感じさせることもあり
神が降りてきたかのように周りの人からは
見えたりする。

時間を超えた感覚を味わう没頭。

そこには天と繋がるラインができ、
また新たなひらめきがあなたに
降りて来るだろ。

執筆 小川俊次


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする