困難を上手く乗り越える方法

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

『どうして私は、こんな目にあわなくてはいけないんだろう』

息子が小さい時にアトピーで、身体中や顔に湿疹が出ていた時、
途方に暮れてこんな風に考えた日々がありました。
人それぞれに悩みや課題があるとはいえ、他の悩みも重なっていましたから
いくら解決出来ない問題はないといっても周りに比べて私の課題は重すぎる・・・
とその時は思っていました。
この経験があったからこそ食や身体のことを必死に勉強しましたし、
食べ物が心の状態を良く保つことができることを身をもって学びました。
また、現在に至るまで家族が皆、大病も滅多に風邪すらひかず、
健康なのも、知識を活かした生活が出来ているからこそです。

時が過ぎれば、そんな風に落ち着いて考えられますが、
問題が起きている時には、なかなかマインドコントロールが
出来ないという方も多いのではないでしょうか。
私は普段、感情の起伏があまり無い方ではありますが、
コツがつかめてきたとはいえ、あまりにも想定外の出来事の時には、
心を落ち着けられる深呼吸をすることすら吹き飛んで、
心が乱れることもあります。

その上で、毎日心をお掃除するーセルフ・ヒーリングが
私の心を穏やかに保つ大きな助けになっています。
不安、恐れ、怒り、そんなネガティブな思いを抱かずに
澄んだ心持ちでいられるよう祈ります。

目の前の出来事は同じでも、心の状態いかんで状況は変わります。
怒りや不安な気持ちでいる時と、穏やかで上手くいくことを信じ、
落ち着いた状態でいられる時
同じような状況の時にその両方を経験しているからこそ、
違いがはっきり分かるのです。

不安や焦り、怒りの感情が心を占めていると、その事象や相手のことを
うまく受け止めることができませんが、
自分の心が穏やかで満ち足りていれば、どんな状況も解決できる!
と自分を信じることが出来ます。

心が綺麗になっていくと神様と繋がりやすくなりますが、
実際にピン!とひらめいたり、神様の取り図らいと思える様なことがあったりと、
絶妙に手を貸してくださっていることに気がつけるので、
自分は一人ではない、見守ってくださっているから必ず解決できる
と強い心を保てるようになったのです。

結局、出来事がどうであれ、自分の心次第で
問題は易しくも難しくもなるのですね。

今、私は人生の中で、前述の事に次いで普通なら試練と
捉えてしまうような出来事の渦中にいます。

それでも今は、それを試練と思わずに済んでいるのです。
セルフ・ヒーリングでいただいたパワーのお陰で、
心の器が一昨日より昨日、昨日より今日 と
少しずつですが大きくなっている自覚が持てています。

昨日は心が乱れた出来事も、今日は穏やかに受け止められているな
と自覚した時に、何だか心がほわっと柔らかく、包み込まれるような
穏やかな心持ちを感じて
『あ、何だか今心の成長の階段を1つ登れたのでは?』
という気がしたのです。

そんな風に感じた直後、ふと開いたメールボックスの受信数が
3333とゾロ目でした。
普段数字など気にも留めていなかったのに、とても気になり、
『エンジェルナンバー!』と閃き、その数の意味について調べました。

3はアセンデッドマスターといわれるイエスやお釈迦様などと
と関わりが深い数字だそうです。
そのマスター達が、全面的に愛し、導き、守ってくれている
祈りに応え、助けたいと思っている
人生の目的を見つけ、その願いが叶うようサポートしている
というような意味でした。
『ちゃんと見守っていますよ』
そのゾロ目から戴いたメッセージと思いました。
なんと優しく安心し、心強い気持ちになれたことか。
こんなメッセージに気がつけたのも
ヒーリングで少しずつ心を磨けているからこそ。

でも、昨日そう思ったかと思えば、今日はまた試されているかのような
課題。三歩進んで二歩後退したかもしれません。
それでも、一歩一歩前進し続ければ、いつか見晴らしの良いところまで
登っていけます。

昨日は、できなかったことが今日は出来たー
こんな実感の積み重ねが 何があっても動じない強さを
少しずつ与えてくれ、そしてより愛の状態を保てるように
進ませてくれています。

いつもあなたは、愛され見守られているということ
必要と思えば手を貸してくださること
その為には、恐れや不安などの心の曇りを取り除くこと
自分の心が満たされる状態をつくること
ヒーリングは、その大きな手助けとなります。

今年も、ますます愛と光が溢れた世界に
あなたが幸せに過ごせますように。

執筆 Nicho


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする