未来を知る方法

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

今年もあと僅かとなりましたね。
この時期になると誰もが来年はどうなるのかなと思うでしょう。

世の中のこと。

家族のこと。

自分のこと。

そして来年のことがが分かれば少しは安心するでしょう。

今年最後のこの記事では未来を知る方法について
お伝えしたいと思います。

まず、これからの世の中のことですが
これを知ることはそう難しくありません。
ただし、人によっては時間がかかるでしょうし
そんなことはないと否定して受け取れない方もいるでしょう。

しかし、今回はここに書いていることを
参考にしてみて下さい。
まず、世の中についてですが
今から80年前の前後10年間の歴史を
書籍やインターネットで調べてみて下さい。

日本を取り巻く状況、世界の状況はどうでしょうか?
その時代と似たような雰囲気を感じませんか?

このことは今までにも書いてきましたので
詳しいいことは省きますが
国際連盟の設立を提唱し、世界協調を提唱していたアメリカが
モンロー主義を背景とした世論に押され不参加。
ヨーロッパでもその流れを受けてドイツ、イタリアでは
民族主義が台頭、第二次世界大戦へと向かいます。

現代はどうでしょう。
アメリカ第一主義を主張するトランプ大統領の当選、
イギリスのEU離脱などに始まる
民族主義の台頭など、まさにこの状況に酷似していませんか?

そして、もっと大きな流れを見てみましょう。
800年前の歴史を前後100年くらいのスパンで
見てみて下さい。
世界はモンゴル帝国が世界を席巻していました。
ヨーロッパはまさにアジアに脅かされていました。

今の時代はどうでしょうか?
中国は経済力を背景に世界に大きな影響力を誇示し、
日本、フィリピンなど
周辺国との領土問題には強引な姿勢を見せています。
これが800年周期毎に西欧・アジアの時代が
移り変わる時期で、それが今なのです。
そしてこのアジアの時代は精神時代の到来です。

このように歴史を知り、今の出来事を見直してみること
で未来を知る事ができます。

そして、個人の未来です。
この世の中の流れを知った上で
あなたに起こる影響を予測してみましょう。
あなたの周りでは物ではなく形のないものに
価値が求められるようになるでしょう。
癒やしであったり娯楽であったりと心を満たす
ものです。
これはアジアの時代が精神の時代と同期しているからです。
ビジネスにしても形あるものより形のないものが求められます。
お金、土地というものよりもネットワーク、
人と人のつながりが評価されます。
リアルな人間同士の信頼関係を築いた上で、このつながりを
インターネットで繋いだ人が大きな影響力を持つようになります。
まあ、このことは私がここでいうまでもなく
現実にものすごい速さで起こっていますが。

最後にこれから起こる未来について
大切なことをお伝えします。
時代に大きな流れが起こっているなと
感じたなら今、一番捨てることが
できないと思っている経済的なもの、
考えを捨てる勇気を持って下さい。
これに固執するがあまり、
流れに乗り遅れることになるからです。

そして、この時代の流れを知るために、
来年はできるだけ1人の静かな時間を取り、
この変化を感じられるようになってください。
メディアの情報を鵜呑みにせず、
違和感を大切にしてください。

あなたの直感を信じる勇気を持って下さい。
これが未来を知る上で大切なことです。

執筆 小川俊次


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする