充実した人生を過ごすために~③自分の使命を知る

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

仕事や勉強、趣味など、何かに一生懸命に取り組んで
壁を乗り越えられた時には、脳内からドーパミンや快楽を生み出す
神経伝達物質が溢れ出て、身体中を駆け巡るので、達成感や
満足感が得られるといいます。
確かに、何となく仕事をこなしている時には、時間の経ち方も遅いですし
全力投球すると、時間があっという間に経ち、心地良さすら感じます。
何事にも全力投球出来れば、それが良いに越したことはありませんが、
自分に合った仕事でなかったり、認められなかったりすると
そのモチベーションを維持することは難しいかもしれません。

自分の使命、天職はこれ!と強く確信出来たり
人の役に立てていることを実感出来たり
夢中に取り組めるものが何なのか分かっていたら
生き甲斐を感じて、充実した毎日を過ごせることでしょう。

人は誰もその人それぞれの使命を持って生まれてくるといいます。
あなたの使命は、何ですか?

そう問われて、答えられるでしょうか?

私も使命探し?の旅の途中です。
自分が体験して克服したことが、人の役に立つものであり
それが使命だと以前、立松さんからアドバイスを頂き
アトピーでお悩みの人の力になれたら と改善プログラムを
立ち上げさせて頂いたのです。
長年にわたり、食で心を整えることが出来ると
実感してきましたから、それを多くの方に伝えたい
そう強く思っていました。

マヤ暦では、自分の生まれたソウルナンバーというのがあります。
それで以前に調べた適職は、教育者、先生、芸術、ミュージシャン、
地球環境活動に取り組む仕事、起業家など
正に目指したものや、今現在やっていること、やりたいこと
ばかりでした。

その果たすべき、自分の天職ー愛のある役割を行えているのなら
困難な出来事があろうとも、見えざる力の後押しで
川の流れに乗るように進んで行けるように思います。
ただ、本当に真剣にやる気があるのか、続ける気持ちがあるのか
試されもします。

ですから、自分の本当の役割を知るために、確信を持てるように
生き甲斐を感じて充実した人生を私らしく生きられるように
自分に問いかけて、問いかけて、問いかけ続けています。

自分の心が本当に喜べること
私は、人の為になれることが嬉しくて
人の為にすることが自分の為になっていると信じて
長らくそのことばかり考えて生きてきました。

でも、バランスも大切ですね。
人の為と書いて偽。少し自分の為を忘れていました。
『~すべき・ねばならない』ではなく、『~したい』を
選びたいと心が訴えていました。

自分も嬉しいこと=人も嬉しいになること
これがどちらかの比率が大きいと
私にとって負担に感じてしまうのかもしれないと。

自分の気持ちを時々、省みてあげる。
心が迷子にならないように。

これまでの自分の経験の中で、
人にお伝えできること、活かせることは
なかったかと振り返ったり

『あなたのやりたいことは何?』
『それはなぜ?』『どうして?』
『どんなところが?』
どんどん深堀りの質問を自分に投げかけて
自分の魂に問いかけてみる。
すると、心の底に溜まっていた
不純物のお掃除が出来て、スーッとします。

そうしたら、心の声をすくい上げられて
きっと自分の使命や天職に気がつけるはず。

私も、もう少し、深く深く、自分に問いかけ
すっきりさせたいと思っています。

あなたがあなたらしく、私も私らしく
輝けますように。

執筆 Nicho


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする