風に乗る

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

目の前の事は、

全て自分が作り出している、

という事に

実感が持てる様になると、

全ての事象に

意味が見出せて来ます。

そして、目に入るものや、

出会う人全てから、

何かしらの恩恵を受けていると

実感して来ます。

量子物理学でも、

一度でも関係しあった量子は、

どんなに離れても、

影響し合う、

との事が言われています。

そのぐらい、一瞬一瞬、

今ここにある事は、

自分にとって大切で、

必要なのです。

例えば、今日のお昼を、

どこで食べるのか?

という些細な事が、

今後の貴方にとって、

どうでも良い事でもないのです。

テキトーは、

適材適所だから良いのです。

いいかげんも、良い加減。

リラックスが大切で、

一生懸命、

命懸けなんかでやっていると、

大抵うまくいかないのです。

身体を壊したり、

大切な人が去ったりします。

うまくいかなかった時を振り返り、

自分から見て、

その時の自分は素敵でしたか?

多分、素敵ではないはずです。

うまくいかないと感じる時は、

自分からの、

間違っているよのサインですから。

間違いは、

食べ物かもしれませんし、

人間関係かもしれませんし、

不義理をしているかもしれません。

よく見回す為に、

そういう時は訪れるのです。

だから、やり方を変える、

選択を変える、

そんな転機というものがあり、

それがより、

人生を面白くしてくれます。

それなのに、恐れて、

中々変わることを

選択出来ない人が

多いのでしょうが、

本気で決めさえすれば、

風に乗れるのです。

スピードは、

人それぞれでしょうが。

わらしべ長者のように、

少しずつ成功に

近付く人もいるでしょうし、

その間の体験そのものが、

宝となる人もいるでしょう。

今、自分は、

人生というサクセスストーリーの、

どの辺りなのかな、

と考えてみると、

どう振る舞うか、

何となく分かってくるのでは、

ないのでしょうか?

執筆 島貫めぐみ


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする