疲れを溜めずに解消する方法

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

人と接したり、仕事の忙しさなどでエネルギーを消耗し
疲れた時、どんな方法で疲れを取っていらっしゃいますか?

私は、アロマオイルやバスソルト、ミントなどの
ハーブを入れたお風呂に入ったり
大好きなゆったりした音楽を聴いたり
お香を焚くことで一日の疲れを癒やします。

よりスピリチュアルな観点から、疲れを解消する方法を
立松さんに伺いました。

お風呂に入るー水分につかることは、
身体を芯から温めて、自然治癒力を高めるだけではなく、
心にも良い影響があります。
そして、驚くことに邪気がエネルギーとしてお湯に溶けて
流されていくそうです。
身体を温める上だけでなく、そんな点からも
シャワーで済ませるより効果が高いのですね。

身体がさほど汚れていなくても湯船が濁ることがあるのは、
邪気・・・汚れたエネルギーが毛穴から出るからだそうです。

また、眠る一時間前位に身体を温めるのが、身体のリズムとしても
深い睡眠に入る準備が出来、良い効果が得られるようです。

他に疲れを取る方法としては、一日の終わりに、どの局面で
どっと疲れたかを振り返る作業も有効です。

人とのコミュニケーションでの疲れを回復するには、
あの人と話をしていた時、物凄く気を使った、
悩みや愚痴を聞き過ぎて自分までおかしくなった・・・と
呼吸をしながら、どこで調子悪くなったかに気づき、
『こんな思考パターンを拾ってしまったな』と分かれば
離れていくのだそうです。
ポイントは、深呼吸をしながら行うこと。
息を吐く時にそのエネルギーが出て行くことをイメージしながら
吐き出す。
息を吐く事に集中すると、変な思考は出て行き、
モヤモヤと淀んだエネルギーが浄化されていきます。
深呼吸するということに集中してやるので
頭では何も考えていない状態を作ることが出来る。
その何もない状態が一番エネルギーが高くなるチャンスになります。

ほとんどの疲れの原因は、そのエネルギーの流れを
思考や感情が邪魔をするために疲れてしまうのです。

思考を止めることにより、体内のエネルギーの循環が戻って
エネルギー的にもアップします。
大抵の場合、思考パターンというものは、自分のエネルギーを
下げるようなものが多いです。
気がつくと、クルクル目まぐるしく色々なことを考えていますよね?
平均して人は、一日に6万回位考えているそうです。

それが全て建設的なことであれば疲れないはずなのですが、
思考のパターンは親から引き継いだり、小さい頃に誰かから
聞かされたものなど、マイナスな思考が多くなりがちです。
そういった思考を止めるだけでもエネルギーが湧いてきます。
エネルギーを高く保つために手っ取り早いのは、深呼吸です。
身体の力を抜いてしっかり深く。身体に意識を持っていくと良いです。

思考を止めるもっと分かりやすいやり方は、つねったりして身体に痛みを
感じることです。
痛いということに意識が集中するので、余計なことを考えずに済みます。
原因不明で身体に痛みが起こる場合というのは、良くない思考を持つことから
守るため、ネガティブな思考を止める為に脳が命令を出している
ケースもあるようです。
深呼吸なら新鮮な酸素を取り入れることが出来ますし
宇宙エネルギーも取り込めます。
吐き出すことで邪気を外に出すことも出来、無になれる面でも
効果的です。

朝晩、深呼吸を歯磨きとセットにすれば、習慣化しやすいのでは
ないのでしょうか。

エネルギーを高く持てる状態を一日単位で行えれば、
心と身体の状態を高く保てます。

肌のツヤツヤ感のアップやアンチエイジング効果もあり、
女性には嬉しいメリットですね^^

その日その日に、一日の疲れを取っておく、疲れを溜めない
ということはとても重要ですものね。

リラックスしておけば、睡眠の質も上がります。

お風呂と深呼吸、普通によく言われる二つですが、
沢山の意味や効果があるのですね。
これらを毎日習慣化して積み重ねたら・・・
心も身体も相当強く美しく良い状態を保てそうですね^^

今日も素敵な一日でありますように。

執筆 Nicho


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする