より良い道とは

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

理想や、夢がありますか?

そこを目指した生活を

していますか?

何か、夢があって、

それがお金にならないから、

生活を立てる為に、

嫌々働いている、

そんな人って、

案外多いのではないでしょうか?

私にも経験があります。

絵や造形物の展覧会をやり、

微々たる収入を得る、

それでは生活出来ないから、

アルバイトをする、という生活。

仕事仲間に恵まれて、

楽しくはやっていましたが、

いつでも、線引きをしていました。

ここから、ここまでが、

私の仕事、アルバイトだし、

本業ではない、という感じ。

でも、今なら思うのです、

そのアルバイトの時間も、

私の人生の一部なんです。

命が続いている限り、

どんな時も、

私の人生の本番なのです。

いい加減にやったら、

いい加減なモノが

目の前にやってくるのです。

一見、全く繋がっていない、

夢に見ている生活と、

目の前の、

大量の洗濯物やら、日常のモノも、

全部全部繋がっているのです。

嫌々やる時もあるでしょうが、

そんな時は、

全てが嫌々な氣持ちな日で

終わるでしょう。

些細な事にも楽しみを見つけ、

苦手な事を楽しくやれる

魔法を発見出来たのなら、

あらゆる事に応用が

効く事でしょう。

そもそも、そうなれば、

見える景色が変わって来るのです。

景色が変われば、

そこに集まる人も変わります。

文句や愚痴を垂れても、

一向に景色は

変わらない事でしょう。

嫌々やっている事を、

楽しんでやれる方法を

見つける方が、

遥かに効果的です。

嫌な仕事を終わらせて、

早く、

飲みに行く時間にならないかな、

なんて思って過ごす毎日は、

勿体無いのです。

本当に嫌なら辞めて、

楽しめる事を、

仕事にした方が良いです。

楽しむというのは、

何も、

難しく考えなくても良いのです。

伸び伸び出来て、

自然に口元が緩む場所であるかどうか?

いつも肩に力を入れて、

歯まで食いしばって、、、

チェックしてみて、

そんな自分に氣づいたのなら、

まず、緩めましょう。

そこが入り口です。

緩めると、

感覚が開きます。

聞こえなかった音や、

氣が付かなかった事が、

良く見える様になります。

そうしたら、

注意を向けてみましょう。

注意を向けた事を、

味わってみましょう。

味わってみて、

心に残った事について、

考えてみましょう。

思い掛けない発見があるでしょう。

一つずつ丁寧に、

段階を踏んで行きます。

毎日を丁寧に生きる事は、

人生を丁寧に送る事なのです。

それを、

より良い生き方とは

いえないでしょうか?

絵&執筆 島貫めぐみ


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする