受験生を見守る親御さんへ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

受験シーズン真っ只中ですね。

先日セッションにいらしたY様も、
中学受験の娘さんをお持ちです。

もう既に今月から始まっており、
本命の志望校の受験は来月に控えているとのことで、
Yさんのオーラからも緊張感がうかがえました。

今回のセッションは、Yさんご自身が
ヒーリングの必要を感じられてお見えになりました。
決して受験の成り行きを知りたい訳ではなく、
得体のしれない不快感や違和感を取り除き、
リフレッシュとパワーチャージが目的とのことでした。

早速、Yさんにヒーリングしながら色々なお話を伺いました。
私は子供がいないので、
受験生のお子様を持つ親御さんの気持ちを
到底、計り知ることはできませんが、
自分のこと以上に心配、不安、緊張で
一杯一杯になるのは当然のことだと思います。

Yさんを視ると、ヒーリングエネルギーが
どうも肩で止まってしまいます。
というか、肩の辺りで何かが滞っており、
ボディまでスムーズに流れて行かないのです。

ご本人が自覚されているように
喉のつまりと肩の重みに原因があるようでした。

喉のつまりは、
Yさんの喉のあたりにお母様の顔が重なっていたので、
お母様との子供の頃の関係性、
つまりインナーチャイルドだとわかりました。

そして、肩の重みは、
先日の受験会場で他の親御さんからもらった
ネガティブなエネルギーが乗っかっていたことによるものでした。

今、娘さんの受験の最中だからこそ、
ここでYさんのインナーチャイルドを癒し、
ご自分のエネルギー的な特徴を自覚する必要があったようです。

愛する娘さんの正念場、
全力で支えたいという一生懸命な親心が、
Yさんの中で眠っていたインナーチャイルドを
表面化させるきっかけになったのかもしれません。

Yさんは、ご自分のインナーチャイルドに気づき、
子供の頃のお母様とのお話を色々聞かせてくださいました。
そして、一息ついた瞬間すぅ~っと喉のつまりが消えたそうです。
(ご本人びっくり!)

それから、Yさんの肩の重みの原因は、
元々Yさんの持つオープンマインドで優しくてお人好しな人柄からきています。
受験会場で話しかけてきた他の親御さんの極端な不安や緊張を
Yさんも同じ立場で、ついつい同情し過ぎたことによります。
知らず知らずに相手のネガティブな思考を引き寄せ、代わりに引き受け、
肩に乗せて帰ってきてしまったようです。

相手のネガティブな言葉や、相手の重いエネルギーに
必要以上に同情しないことが大切です。
あくまで中立的で客観的な意識を持って接するとブロックできます。
慣れないとなかなか難しいですが、
当てはまるかも~という人はぜひ気をつけてくださいね。

Yさんも思い当たることがあり、
そこに気付いたとたん、
肩の重みもすぅ~っと消えたようでした。

ヒーリングの効果とご自分の気づきで
帰られる時は全身のオーラに光が満ちて、
大変すっきりしたようにお見受けしました。

子供は、親のエネルギーの影響をものすごく受けるので、
特に近い存在のお母様が、
ヒーリングを受けてスッキリされるのは得策だと思います。

受験生を見守る親御さんで、
お子様との関係性で何か行き詰まっていることがあるとしたら、
ご自分の子供の頃を、特に親との関係を
ちょっと思い出してみるといいかもしれません。

そこに何かの恐れや思い込みの原因があることが多いです。
ご自分で気づくことが大切です。
そして、それを誰かに話したり、
(できるなら親に直接話すのが一番いいです)
もしくは、思い出す限り紙に書き出すと効果的です。
(書いた紙は灰皿などの上で燃やすといいですよ)

要は、気づいてアウトプットすることで解放されます。
近しい存在の人間関係(主に家族間)は、
エネルギー同士、つまり無意識の領域で強く反応し合います。
親のインナーチャイルドが癒され、エネルギーが変われば、
子供に対する親の接し方や態度、言動も変わり、
子供の方も無意識レベルで反応します。

全てのケースに言えるわけではありませんが、
もしかしたら…
ご自分のインナーチャイルドを解放してあげることで
お子様との関係が解決することがあるかもしれません。

受験生のお子様を持つ親御さんは、
この時期、ブログなんて読んでる場合じゃないと思いつつ…
何だか、背中を押されるように書きました。

受験生の皆さん、
そして、見守るご家族の皆さん、
百もご承知だと思いますが、
実力を発揮するためにはリラックスが大事ですよね。

笑顔で深呼吸、
グラウンディング、
「今ここ」、
ということを意識するとリラックスできますよ!

執筆 Hitomi


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする