怒りを分析する

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

先日、チャネリングメッセージで、

「怒りを持って生きていると、
それだけで攻撃的になる。」

という様な事を受け取った。
(詳しい話はこちら

そして、数日に渡って、

自分の中にある怒りについて、

考察している。

ちょうど、

怒りを覚える出来事があり、

なんで引きずって怒っているのか、

考えていた。

それは、公園での出来事、

一つは、私の息子に
突然暴力を振るった、
同じ歳くらいの子の話。

息子に、止めるように
伝えなさいと言い、
繰り返し言ったのにやめずに、
制止に入ると、
母親が来て、連れ去って行った事。
一言も何も言わずに。。。

それと、別の公園での事。
元から夕方行くと、
陰気な様子の子供達が
遊具を陣取り、
他の子達を遊ばせない様に
している事があるので、
あまり好きではない場所。
息子が行きたがるので行くと、
前に見かけた子よりも年齢の低い、
小さな子供のグループ。
笑顔がない。。。
案の定、陽気に遊ぶ息子に、
突然嫌がらせ、
そして、「クソ」との暴言。。
息子、理解出来ず、??って感じなので、意地悪をしているんだと伝える。
嫌な事をされたら、
止める様に伝える権利があるし、
仲良く遊べない人もいる、
という事を教える。

ようやく息子、意味が分かり、
憤慨して、
「せっかく一緒に遊ぼうと
思ったのに、あんなことは、
いけないことだ!」と
プンプンする。

私は、
心で息子の様子が面白いと思うが、
傷付いた感じはなく、ホッとする。
むしろ、ケロッと忘れ、
ドングリの方へ行ってしまった。

これは、数日前の事なのに、

ふと思い出してはカッと来る。。

どうしてなのか??。。

どちらも、その場で言いたい事を、

言い切れていない、という事が

一つにある。

あの母親にも、

あの子供達にも。。

なんでか?

堂々としきれていないのと、

トラブルを恐れている、

この二つ。

あの時、こうすれば良かった、

との後悔みたいな、

自分に対する怒り。

それでもスッキリしない。

なんだろう、

怒りという感情に

隠れていたけれど、

どうやら、

違う要素を発見してしまった。

不安。。これだ!

自分の子供がイジメられる事への、

不安、恐れ、これが隠れていた。

今までなかった

トラブルに出会って、

心のどこかでパニクっていた。

しっかりしろよ。。。

原因を見つけると、

バカバカしくなるけれど、

隠れているうちは、

物凄くモヤモヤするものなのだ。

自分の子供を信頼すれば良い。

まずは、自分を、

信じれば良いのに。

それが欠けると、

起こってもいない事を

心配したり、怖がったりするのだ。

そして、それが、

攻撃的になる所以だろうね。

人は、不安になると、

ありもしない事を、

いくらでも産み出して行くのだ。

心とは、散らかって来ると、

隠れ場所がいくらでもあるから、

怒り、から派生する、

ネガティヴな想像を、

パンパンに成長させてしまう。

いつも心を清めましょう、

とりあえず、

全てはここからなのです。
絵&執筆 島貫めぐみ


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする