場の雰囲気を良くするには?

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

一日のうちで、職場、学校などで、多くの人と同じ時間を
共有される方が沢山いらっしゃると思います。
自分が一日の大半を過ごす場所ですから、なるべく気持ち良く
作業や学習が出来る場であって欲しいものです。
居心地の良い場にするには、どうしたらよいでしょうか。

ユーモアのある一言、軽い雑談、自虐ネタなどの笑いは、
すぐになごんで、心と身体の健康にも効く一番簡単な方法です。
そして、場を和らげるムードメーカーのような方がそこにいてくれるだけで、
随分雰囲気が変わるということもあります。

私の職場には、そこにいるだけで周囲の雰囲気が
パーッと明るくなるとても朗らかな方がいます。
存在自体が快のオーラを発していて、皆がニコニコになります。
それだけでなく、とてもユーモアがあり、思わずくすっと、
ある時には爆笑してしまうようなユニークな発言をしてくれます。
職場ですから、あまりふざけた事を言い過ぎてもいけません。
その辺のバランスをとても心得ていて、かつ後を引きずらないので
本当に上手いな と感心してしまいます。そして、
「さあ、これから仕事!」というポジティブな雰囲気になります。

ふざけ過ぎはいけませんが、適度な笑い、ユーモアが、
ほんのひとこと、ひとときあることで、仕事に対しての心のゆとり
気持ちの切り替え、違う視点を持つ転換のきっかけになります。

また、会話のキャッチボールで、自分が予想していたことと
違った反応が返って広がっていくこともあります。
その意外性で思考のクセが外れ、頭が柔らかくなるようにも思います。

笑いは常識から、ちょっとだけ外れていることから起こります。
(大きく外れると空気を読んでいないと怒られてしまいます;)

自分をネタに笑いを取れる人というのは、欠点なども隠さずに
ありのままの自分を明るく堂々と出すことが出来ているのですね。
リアルに自分の行動や考え、感情を表に出すことで
自然な笑いが生まれるのです。

そうやって恐れずに心をオープンにして、素直に感じたことを出していく。
これが出来ると自分を繕わないで済むので、とても楽でもあるのです。
また、共感してくれる人は、信用出来ると味方になってくれます。
すると、信頼関係も生まれ、仕事も上手くいくのではないでしょうか。

そして、そうやって自分を正直に出している人は、一人でいる時に
自分自身を上機嫌に保てるようにしています。
自分のやりたいことをやって、リラックスタイムを大事にしています。
例えば休憩時間は、人と無理に合わせたりせず、
一人で外に出て、リフレッシュする。

プライベートで好きな時間の過ごし方、大好きなことをするなど
自分を愉しませるご機嫌な状態を作り、心の栄養やエネルギーを
チャージします。
そして、皆といる時は、プラスのエネルギーを放電する。

一人影響力のある方がいるだけで、場の雰囲気はガラッと
変わりますから、そうやって自らが光となり明るい雰囲気を振りまく、
そのともしびが段々周囲にも広がっていくと良いですね!

そしてその光は世界中に広がりますように✿

執筆 Nicho


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする