自分を信じる事

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

何一つ永遠に約束された事などありません。

ひと昔前までの常識など、全く信用に値しませんし、

こうしておけば安心、というような事はないのです。

物質界においてのシステムというのは存在しますが、

それすら今は危ういですし、

それに縛られる事は、健康を害しかねません。

たった一つ信用に値するものがあるとすると、

それは、自分自身です。

他人がなんと言おうと、

自分で、これ、と判断し、

真っ直ぐに、見つめ続ける事が出来る人は、

バタバタと、余計な力を使いません。

風に乗るように、自然に上昇、進行を、続けられます。

あちこちに、自分の愛情を与え続けられます。

その事すら当たり前で自動的なので、

見返りなど求めてもいないのです。

本来、誰もがこうだったのです。

しかし、現代の人間は、

心に余計な不安を煽る情報と、

複雑になったシステムで悩ませる頭と、

さまざまな、毒で弱った身体を抱えています。

何時にも増して、

心を掃除しないと散らかりやすいですし、

氣をつけて、食べるものを選ぶべきでしょう。

ある程度慣れて来ると、自動的になりすぎて、

サボるのが人間です。

自然に触れると、本能的にその事に氣づきます。

だから、心が洗われた感じを受けるのです。

ドン底だと思うとき、それを最後の場所だと思うのか、

出発点にするのか、それは、自分自身にかかっています。

自分を信じるというのは、

受信能力でもあって、

どう受けとるか、で答えも変わります。

そして判断する自由が、大人にはあるのです。

この素晴らしい自由を、大いに行使するべきなのです。

絵&執筆 島貫めぐみ


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする