夏バテ予防策~食べ物編

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

こんにちは。

前回の夏を元気に乗り切る為の飲み物に続き、今日は食べ物に

ついてお伝えします。

飲み物同様、ちょっと意識をして選ぶことで、夏バテ知らずで

行動的に過ごせます。

夏はどうしても汗をかくので、そうめんなど冷たい食べ物や

飲み物を多く摂りがちになります。すると、胃が冷えてしまいます。

そうすると胃の働きが弱くなってしまうのです。

夏バテの原因として、睡眠不足や、水分や冷たいものの摂りすぎで

胃の働きが弱ってしまうことが大きいのです。

またクーラーやお風呂を湯船に浸からず、シャワーだけで

済ませてしまうことなどで結構身体が冷えています。

ですから、胃を元気にしておく対策が大切です。

その為のお勧め食材としては、夏の旬の野菜ーなす・きゅうり

トマト・じゃが芋など、水分が多く、身体を冷やしてくれるものが

多いです。

そして、夏お勧めの調理法は、グリルで焼く、フライパンで炒める、焼く

生のサラダやさっとゆがく などの方法です。身体を冷やす野菜も、

この調理法で適度なバランスで優しく身体を冷ましてくれます。
                              

特に冷やす力の大きい茄子も、焼いて生姜醤油で頂いたり、

炒めてお味噌で調味するなど、程良いバランスでミネラルも

しっかり取れる召し上がり方です。

冷や汁という九州のお味噌汁は、焼き魚やすりごま、野菜などが

入って栄養バランスの良いしっかりしたメニューですし、

だし という山形の郷土料理は、茄子・きゅうり・みょうが・大葉・葱

などのみじん切りを出汁の効いたお醤油をつけておいたものを

ご飯にかけて頂いたり、冷奴に載せたりとさっぱり美味しく頂けます。

更に元気になるオススメの食べ物としてネバネバした食べ物が

あります。あのネバネバの正体は、ムチンという成分で、

身体の粘膜などにもムチンが含まれているそうです。

ネバネバした食べ物と言うとどんなものを思い浮かべられます

でしょうか?

ムチンが含まれる食物としては、オクラやモロヘイヤ、なめこ

どじょう うなぎ 納豆 山芋などです。

私はよくオクラやモロヘイヤをさっと茹でて刻み、鰹節とお醤油を

かけていただいたり、スープに入れたりします。

山芋をすりおろし、お出汁とお醤油で調味するとろろ汁も、

つるんと喉ごしがよく、滋養があり元気の出るメニューです。

このムチンという成分は、胃の粘膜を保護してくれたり、

細胞を元気にしてくれる働きがあります。

胃が疲れると、それに伴い弱りがちな肝臓や腎臓の機能を

高めてくれるという働きもあり、ネバネバのムチンは、

夏には欠かせない有り難い助っ人です。

また夏は、赤い食べ物 人参 梅干し 赤味噌などを

摂るとよいそうです。

人参はカロチンが豊富で、これも粘膜を正常に保つ働きが

ありますし、免疫力を高めます。梅干しは、疲労回復や

殺菌成分をはじめ様々な働きがあります。

是非、お醤油やお味噌を上手くお使い頂いて、塩分補給のうえ

赤い食べ物とネバネバのパワーで、夏を元気に乗り切って

頂けたらと思います。

今日もお健やかにお過ごしになれますように。

執筆 Nicho


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする