ドラゴンクエスト達成法①

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

ここ数日、巷ではポケモンGOという
ゲームが世界中で大人気となり、
日経平均株価を押上げ、各国の首脳が
コメント追われるほどの社会現象
が起こっている。
現在、私はこの類いのゲームにはほとんど
興味が無いため全く理解できないが、
そういえば20年以上前にあるゲームに
夢中になり、寝る間もなく夢中になった
ことを思い出した。

それは「ドラゴンクエスト」
というゲーム。
独身時代には寝る間も惜しみ、
食事もそこそこに、部屋に閉じこもって
いたことを思い出す。
なぜ、あれほどに夢中になれたのか?
もし、仕事でもあれほど真剣に取り組む事が
出来たならどんなことでも達成可能ではないかと
ふと考え、その仕組みについて夢中になり
考えてみた。
今回からはその話題について書いていきたい。

やはりネットで調べてみると同じことを
考える人は多く、ゲームと同じ仕組みで
勉強に取り組み、成果を出している方や
はたまた人生やビジネスでドラゴンクエスト
のように生きる事を提唱している本がいくつも
出版されている。
やはり、そこには秘訣が隠れていることが
わかった。

「ドラゴンクエスト」というゲームを
ご存知無い方のために内容について説明させて
いただくと、このゲームで主人公は次々と
現れる敵を倒すことで経験値を上げ、HPという
体力や強さの数値、魔法の種類や力の数値、
MPというものを増していき、成長してゆく。
また、地図に書かれた世界を謎解きしながら、
宝物や武器を手にしてゆく。
実力以上の敵と遭遇すると死んでしまうが、
またその時点から再開でき、時間さえあれば
いずれその敵以上の実力となり、
倒せるようになる。
最終目標はラストボスを倒す事であり、
倒した後のエンディングの映像や音楽が
その当時のゲームでは群を抜いてすばらしく、
ゲームが終った達成感と終わってしまった
寂しい気持ちをより一層引き立てた。
また、謎が解けずに諦める人のために
ゲーム攻略本なるものも発売され、その本を
手にしながらゲームに挑戦していた。

ゲームの説明はこれまでにして、
私自身これほどまでに夢中になって
目標を日々追い求めて達成した経験がなく、
その仕組みが今の生活に
生かすことができれば、どれだけ素晴らしい
だろうとワクワクした。
私なりにこのゲームの秘訣について分析して
以下の5つの項目が導き出された。

①やりさえすれば、必ず少しずつ実力上がる。
その実力が敵と戦う事で実感できる。
②謎が解けなくても諦めなかったのは
地図に示された場所を入念に歩いていくことで
必ず謎を解くヒントを手に入れることが
できたから。
③何度、敵と戦って死んでも、その時点から
再開でき、時間さえかければいずれはその敵を
倒せる事が分かっている。
④小さな目標であるダンジョンと呼ばれる迷宮
にいるちょっと強い敵を倒す事で小さな達成感
を得られる。
⑤最後の敵を倒す事で感じる満足感を得る一方
敵を倒したり、謎を解いたり夢中になっていた
日々が無くなるという寂しさからまた次のシリーズの
ゲームをついつい求めてしまう。

よくよく見返してみると、自己啓発本に書かれている
目標達成法に良く似ている。しかし、ゲームは夢中
なのに実際の生活ではそれほど夢中にならず、大抵は
放り出し、そこから再開することはほとんどない。
それは以下の理由による。

①ゲームでは経験値、成長の程度が数値価され、
成長した実力がすぐに実感できるが現実では
得られないない。
②ゲームでは敵に負けて死んでも同じ所から
再開できるが現実は失敗すると同じチャンスは
来ない。

だから、現実はドラゴンクエストのような
ゲームとは違い夢中になれない・・・・。

しかし、私のこれまでの人生を振り返ってみると
同じようなことが起こっていることに気づいた。
やはり、この仕組みを生かさない手はない・・・。
この仕組みを生かす具体的な話は次回に引き継いで
ゆく。

執筆 小川俊次


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする