夏バテ予防法(飲み物)

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

大分蒸し暑くなってきました。

冷たい飲み物をゴクゴク飲みたくなる季節ですね。
皆さまは、どんな飲み物をよく召し上がるのでしょうか?

夏の季節に合った飲み物を選ぶこと、摂り方に気をつけることで、
夏バテしないで元気に過ごすことが出来ます。

どうしても冷たいジュースなどが飲みたくなりますが、
お水やお茶の代わりに一日に何度もジュースなど
清涼飲料水を飲んでいると
かなり糖分を摂りすぎることになります。

お砂糖は酸性の食品なので、本来中性の状態が望ましい身体を
酸性に傾ける働きがあります。
すると、身体がその状態を正そうと、身体や骨の中にある
カルシウムを使ってしまいます。

また、夏は、いつもより沢山汗をかきますから、
体内の塩分が出て、ミネラルが不足しがちです。
そのような理由から意識的にミネラルを補充したいものです。

そこで、夏のお勧めの飲み物のうち1つは、ミネラルたっぷりの麦茶です。
麦茶は体を適度に冷ます働きがありますし、夏疲れ気味の胃の粘膜を保護します。
また、沢山汗をかいた日なら、天然塩をひとつまみ入れると
お塩からも幾らかミネラルを補充出来ます。(精製塩はナトリウムが多いので
ミネラルバランスの取れた天然塩がお勧めです)

暑くなってくると、私の家では麦茶に加え、ミネラルレモン水を
併せて冷蔵庫に入れておきます。

(ミネラルレモン水の材料)
お水1Lに対し、塩 小さじ 1/2 お砂糖(未漂白の粗製糖など)
大さじ3~4杯  レモン汁 大さじ2杯~ お好みで
全ての材料をよく混ぜあわせるだけです。

白砂糖にはミネラル成分がほとんどありませんが、粗製糖(漂白していない
お砂糖)や、黒砂糖はミネラル成分がたっぷり入っています。

他には、丁度今出回っている赤じその葉を煮だして作った
しそジュースや、梅の実を砂糖につけて出てきたエキスの梅シロップは、
爽やかで疲労回復、健胃作用の他、様々な効果があり、夏にぴったりです。

また、冷たいものをとり過ぎたり、冷房の中に一日中いたり、
シャワーで済ませたりして、実は、身体の芯が冷えてしまうことも
ありますから、時には温かいお番茶にお醤油をたらしていただくと
新陳代謝が上がります。(湯のみ1杯分に小さじ1杯位のお醤油)

甘いもの、冷たいものを摂り過ぎないよう、
喉が渇いた時、お水やお茶代わりにジュースではなく、
身体に優しい飲み物で、元気に夏を乗り切って
頂けたらと思います。

どうぞ元気に夏を過ごせますように。

==紫蘇ジュースレシピ====

赤紫蘇の葉 250~300g 水 1200ml
粗製糖(好みで加減)450~500g 酢 1カップ

茎から葉を外す。大きめの鍋にお湯を沸かし、紫蘇の葉を入れる。
5~6分煮ると赤しそが青くなってくるので、ざるに上げて、ざるの上で良く絞る。
紫蘇の汁を鍋に戻し、砂糖を加え溶かす。あくが出てきたら取る。

執筆 Nicho


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする