受け継がれるもの

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

私は仕事の中で家族関係についてのご
質問をいただく事が多い。
そのほとんどが、親子関係と夫婦関係
についの問題である。
それは目の前の相手であり、一番の悩みと
なっている。
例えば、子どものことが分からなくて、
悩んでいたりする。
私達が問題としていることの原因の
多くは、私だけでの問題ではなく脈々と
私へと、受け継がれてきた問題である
ことに多くの人が気づかない。
例えばある方の例だが子供の頃、
ご両親の喧嘩が絶えず、ついには
ご両親が離婚され、その方自身も
ご結婚されていたが、同じように
夫婦関係に問題が絶えず、
ついには離婚に至ってしまったことが
あった。
私達はついつい、このような時
当事者同士の問題とばかり思いがちだが、
そこには家系に受け継がれるもの
があるように思われる。
これは、人間関係だけでなく、
場合によっては病気という形でも
現れることもある。
例えば家系を遡って見ていくと、
なぜか男性だけがなぜか病気で早く
亡くなっていたりしていることも
珍しくない。
遺伝であるから仕方ない、
そういう家系だから仕方ないと
諦めてしまいがちではあるが、
その問題はこれからもあなた、
子ども、孫へと受け継がれて
いくとしたらどうだろう?
あなたも同じように受け入れ、
子供達にも同じように諦めるように
言うのだろうか?
もし今、あなたが目の前に親子関係、
夫婦関係または同じような病の問題を
抱えているとしたら、それはあなたが
それを終わらせる役目を担っている
というサインに他ならない。
そして、それは家系の流れを変える
大いなる一歩でもある。
ちなみにあなたは受け継がれてきた
100年の歴史、親、祖父母、曾祖父母の
歩みを知っているだろうか。
近頃、NHKで似たような事として
ファミリーヒストリーという
番組が放送されている。
出演者に繋がる家系の歴史を番組が
明らかにしてくれるというものだ。
この番組を見てもわかるが、
先祖が時代の中で培ってきたものが
脈々とその本人にも受け継がれてきて
いることがわかる。
あなたも自分へと繋がる家系を
紐解いていくと、そこにはあなたと
血の繋がる人が、同じ悩みを
抱えていた事を知るだろう。
そう、あなたが許せない両親、
つい怒りを憶えてしまう身近な妻や夫
しかし、実をいうとその問題は
その人達に根本的な原因があるのでは
なく、時代の波や不幸な出来事により
先祖から受け継がれ、今になっても
形として生み出されてしまっている
ことなのかもしれない。
その事に気づき、その家系の歴史の
解釈を変えることができたとしたら、
もうその問題はあなたの前から
消えてしまうだろう。
あなた一代で全てが解決する
ことはないが、あなたから始まる
親、子、孫の100年でこれまで
脈々と受け継がれてきた流れが
浄化され新しい流れとなる。
しかし、現代ではその事に
気づく術を知らず、目の前の
相手を憎み、その災いが世界に
広がり多くの不幸を生み出している。
多くの人が、自らのルーツを
探る事で今、ある呪縛から放たれる事を
願ってやまない。

執筆 小川俊次


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする